読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

月の海から地球を眺め

宇宙人から見た地球。そしてニッポン。

寒空に翠輝く月の海

吐く息白く夏待ち遠し

月が緑色に見えるのは珍しいなぁと思っていたら、母に、「全然緑色に見えないけど?」と言われてしまいました。もうね。毎日見上げてると僅かに色違うだけでも何となく気付いたりすんのよ。きっとね←

おはようございます。いつもの雑記です。
最近カジノ法案だかなんだか通るんだかと言う話があり、ニュースでサラリとカジノについてやってました。日本だと競馬とかパチスロとか、まぁ色々な資料とにらめっこし、データを取り、勝ちに行くギャンブルが比較的多いように見受けられますが、金持ちのカジノはどうやらバカラとかルーレットとか、頭を使わないディーラー頼みの運勝負が好みらしいです。
メンタルブレイクニートしてた頃の自分は、ゲームとかやっててもアクションとか将棋とかマインクラフトとか、兎角頭を使う事が多かったけれど、仕事終わる頃にはクタクタになっとる今の私は、帰ったらもう酒飲んでブログか、艦これくらいしかやってない。たまにwowsもやるけど、余り力が入らない。頭使うなら本を読むし。
そんな自分を観察すると、ひょっとしたらあいつら仕事のしすぎで休暇中は何も考えたくないのかな。とか、思ってみなくもなくて。そうすると金持ち相手の割な商売は、余り相手に何も考えさせない、「行き届いたもの」とか、「時間をショートな区切りで浪費できる物(積み上げるものが無いもの)」とか、そう言うのいいんだろうなと思う。例えば其れは日本の老舗旅館だったり、海外の高級ホテルだったり、先に出たカジノだったり、或いはクルージングだったりするんだろう。自家用セスナなんてのもそういうものに当たるだろう。
商売をするときはその線で考えてみたいな。

月が綺麗ですね(締め)